サービス付き高齢者賃貸住宅

サービス付き高齢者賃貸住宅の3つの特徴

サービス付き高齢者賃貸住宅は食事の提供や身の回りのお世話などのサービスが受けられる高齢者専用の賃貸住宅です。どのような施設なのか?その特徴を見ていきましょう。

1バリアフリー設計の施設

高齢者の体力や健康状態に配慮して、施設内は原則としてバリアフリーとなっています。極力段差が少ないづくり、廊下やトイレなどに手すりが設置されているというように、身体が不自由な方でも楽に移動ができるようになっています。

2外出や外泊、来客などの制限がないため比較的自由な生活

特別養護老人ホームや有料老人ホームなどの施設は入居者さまの外出や外泊が制限されていて、面会時間も決められています。一方、サービス付き高齢者賃貸住宅は普通の賃貸アパートやマンションと同様なので自由度が高く、外出や外泊をすることも可能。面会も自由にできます。

3部屋タイプは完全個室

他の介護施設では相部屋になることがありますが、サービス付き高齢者賃貸住宅は完全個室制でプライバシーが確保されています。

サービス付き高齢者賃貸住宅と住宅型有料老人ホームの違い

サービス付き高齢者賃貸住宅に近いものとして住宅型有料法人ホームが挙げられます。それぞれの違いを表にまとめてみました。

サービス付き高齢者賃貸住宅 住宅型有料老人ホーム
対象 60歳以上の高齢者または要介護認定を受けた方 60歳以上の高齢者または自立~軽度の要介護
契約形態 賃貸借契約 利用権契約

いずれも60歳以上であることが入居の条件です。ただし、サービス付き高齢者賃貸住宅は要介護認定を受けた方であれば60歳に満たなくても入居できる場合があります。住宅型有料老人ホーム、サービス付き高齢者賃貸住宅とも自立した方、もしくは比較的軽度な方が利用されるケースが多いです。

また、契約形態にも違いがあります。サービス付き高齢者賃貸住宅は普通の賃貸物件のように賃貸借契約を結んで入居し、月々の家賃などを支払います。住宅型有料老人ホームは利用権方式(終身利用権方式)で契約します。利用権方式とは、その施設を一生涯使う権利を、料金を前払いして購入する方法です。入居時に数千万円もの料金(一時金)がかかるケースもあります。

仕事内容

サービス付き高齢者賃貸住宅では職員が定期的に訪問して健康状態を確認する安否確認や、食事の提供、ゴミ出しや買い物などの代行、医療機関への連絡や随行、ご家族との連絡を代行する生活支援が主な仕事内容となります。サービス付き高齢者賃貸住宅はあくまで賃貸住宅であって介護施設ではないため、身体介護を行うことはほぼありません。

サービス付き高齢者賃貸住宅で働くメリット・デメリット

サービス付き高齢者賃貸住宅で働くメリットとデメリットをご紹介します。

メリット

サービス付き高齢者賃貸住宅は自立している、あるいは軽度の方が多いため、より入居者さまの尊厳や生活スタイルを尊重することが求められます。サービス業としての側面もあるため、接遇マナーを学ぶことができます。また、サービス付き高齢者賃貸住宅は原則身体介護を行わないので、身体的な負担が少ないのもメリットです。

デメリット

利用者さまの生活スタイルや要望に合わせたサービスを提供するのがサービス付き高齢者賃貸住宅の職員の役割。ニーズは十人十色であるため、把握して対応するのに時間がかかって大変と感じる面もあるでしょう。

この種類の職種

サービス付き高齢者賃貸住宅では介護職員の他、医療や介護の専門職(医師、看護師、ケアマネージャー、社会福祉士など)が働いています。

実際に働く人の口コミ

サービス付き高齢者賃貸住宅で働いている方の口コミをまとめました。

残業はほぼなく働きやすいです

介護系の仕事は残業があって休みも取れず、キツイというイメージがありましたが、サービス付き高齢者賃貸住宅は残業や休日出勤がほぼなく、非常に働きやすいと感じています。

未経験でも活躍できます

前職は飲食店で働いていました。介護は未経験で最初は不安もありましたが、基本的に身体介護などが少なく生活支援が主になるので、経験がなくても活躍できていると感じています。サービス業での経験も活かせられるのでよかったです。

社会人としてレベルアップができます

入居者さんのご要望に完璧にお応えするのは簡単ではありませんが、マナーやコミュニケーション力が身につくので、良い経験をさせてもらっていると思います。入居者さんとお話するのも楽しいです。

こんな人におすすめ

比較的元気な方が多く、話し相手になる機会も多いため、人とコミュニケーションを取ることが好きな方が向いています。入居者さまに頼られることでやりがいが感じられるでしょう。サービス業に近い形態なので、飲食店や小売店など接客業の経験を活かしたい方にもおすすめです。異業種から転職された方でも十分に活躍できるチャンスがあります。

ダントツ介護
そんな方はキャリアコンサルタントと一緒に
あなたにあった求人を探すのがおすすめ

「転職で失敗したくない」「今の職場のような環境は嫌だ」「未経験でどうすれば介護職になれるかわからない」……そんな不安があったら、まずは介護業界に特化した就職・転職サポートサービス「ダントツ介護」に登録するのがおすすめ。介護職専門のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件やキャリアプランなどをお伺いし、1万件以上の求人情報のなかからぴったりのものをご紹介します。サービス利用者満足度94%、内定率97%。多くの方が希望通りの就職・転職を実現されているようです。

公式ホームページへ