居宅介護支援事業所

居宅介護支援事業所の3つの特徴

居宅介護支援事業所は高齢者が住み慣れた自宅で自立した生活ができるように支援する施設です。居宅介護支援事業所のスタッフが直接利用者を支援するわけではありません。では、どのような施設なのか?特徴を3つご説明します。

1ケアプランの作成

居宅介護支援事業所にはケアマネージャー(介護支援施専門員)が配置されていて、利用者さまの状況や要望を聞きながらケアプラン(居宅サービス計画)を作成してご提案し、利用者さま本人やご家族をサポートする施設です。

2要介護認定の申請代行

居宅介護支援(ケアマネジメント)を受けるためには要介護認定を受けなければいけません。居宅介護支援事業所では認定申請や更新手続きの代行業務も行っています。同時に、行政機関や医療機関、介護サービス事業者などとの調整も行います。いわば、ご利用者さまやご家族と、関連機関とをつなぐ橋渡し役というイメージです。

3介護に関する相談窓口

介護に関する相談窓口としての機能も果たしています。介護サービスを受けるためにはどうすれば良いか?どんなサービスを受けるべきか?そのための手続きはどのようにすれば良いか?介護に関する幅広い疑問に応えるのが居宅介護支援事業所の役割です。ちなみに、相談やケアプラン作成に関わる費用は全額介護保険で支払われるので、ご利用者さまやご家族の負担はありません。

居宅介護支援事業所と地域包括支援センターの違い

居宅介護支援事業所と同様に介護に関する相談を受け付けている窓口として「地域包括支援センター」が挙げられます。

居宅介護支援事業所 地域包括支援センター
対象 要介護(1~5) 要介護(1~2)一般の地域住民も利用可
 

違いは対象者です。居宅介護支援事業所は要介護認定を受けた人のみが利用できます。一方、地域包括支援センターは要介護1~2の比較的軽度な人や介護認定を受けていない地域の人が対象となりますす。

介護認定の有無に関わらず地域の高齢者をサポートするのが地域包括支援センターの、要介護認定を受けた人の介護に関する相談や手続きに特化するのが居宅介護支援事業所の役割です。

仕事内容

ケアマネージャーは担当する利用者さまのお宅に訪問して、ご本人やご家族と面談を行い、生活状況や心身の状態を確認します。受けたい介護サービスなど要望に関してもヒアリングを行います。

その後、面談の結果にもとづいてケアプランの作成を行います。一度原案ができた時点で、ご利用者さまやご家族、介護施設の責任者などが集まって話し合いをし、ケアプランを確定。必要な手続きや調整を行います。実際に介護サービスの提供が始まったら、計画通りに運用されているか確認をします。

また、介護に関する困りことや悩みごとが利用者さまやご家族から出た場合は、都度ヒアリングをして解決に向けてアドバイスをしたりします。

居宅介護支援事業所で働くメリット・デメリット

居宅介護支援事業所でケアマネージャーとして働くのにはどのようなメリット・デメリットがあるのか?考えてみましょう。

メリット

居宅介護支援事業所はケアマネジメントに特化した施設であるため、ケアマネージャー業務に専念できるのが強みです。直接介護をすることはありませんが、利用者さまの悩みを解決することで達成感ややりがいを感じることができるでしょう。

デメリット

利用者さまのニーズは十人十色。身体の状態もそれぞれ異なるため、一人ひとりの話をよく聞き、状況を観察した上で適切なケアプランを作成しなければいけませんので、簡単な仕事ではありません。介護制度の仕組みや要件など専門知識も必要とされるため、難しいと感じることも多々あります。

この種類の職種

基本的に居宅介護支援事業所はケアマネージャーが中心となります。ただし、外部の医師や看護師、介護職員、介護施設の管理職や担当者など、多くの人と連携をしながら、利用者さまをサポートします。

実際に働く人の口コミ

ケアマネージャーのやりがいや待遇はどうなのでしょうか?実際に働いている人たちの口コミ評判を紹介します。

楽しく仕事をしています

いろんな方のお宅に訪問しお話をさせていただきます。ケアプランの作成は大変だと感じることもありますが、人と話すのは好きなので楽しく仕事できています。

ケアプランどおりに介護サービスを提供できるのがやりがいです

ご利用者さんやご家族の方、医療機関や介護施設の方など、多くの方と話し合って調整しながらケアプランを作成しています。こうやって出来上がったプランをもとづいて利用者さんが適切なサービスを受けられて感謝されることにやりがいを感じますね。

ありがとうと言われるのが励みです

介護に関する相談窓口的な存在なので、毎日いろんな方とお話します。しっかり話を聞いて、それに応えなければいけないので、大変な面もありますが、「ありがとう!」と言われるとやはりうれしいです。待遇も満足しています。

こんな人におすすめ

ケアマネージャーのいちばん大切な仕事は「相談に乗る」と言っても過言ではありません。人から頼られることにやりがいを感じる方、相談に乗ってアドバイスをするのが好きな方が向いている仕事です。

ダントツ介護
そんな方はキャリアコンサルタントと一緒に
あなたにあった求人を探すのがおすすめ

「転職で失敗したくない」「今の職場のような環境は嫌だ」「未経験でどうすれば介護職になれるかわからない」……そんな不安があったら、まずは介護業界に特化した就職・転職サポートサービス「ダントツ介護」に登録するのがおすすめ。介護職専門のキャリアコンサルタントがあなたの希望条件やキャリアプランなどをお伺いし、1万件以上の求人情報のなかからぴったりのものをご紹介します。サービス利用者満足度94%、内定率97%。多くの方が希望通りの就職・転職を実現されているようです。

公式ホームページへ